キャラクター

アラン・ウェイク

〈第十三特区〉の〈管理軍〉に所属する、金髪碧眼にエセ関西弁の個性的な少年。少年時代に各所を点々としたことが、その個性を作りあげた理由のようである。〈管理軍〉を信奉しきっているわけでもなく、創神使いとしての生きやすさから所属している。見極めが速く、部外者とも利が重なるならば、共同戦線を張ることもある。威霊態・下級の創神である“太歳”を従える強力な創神使い。

〈逸脱管理条約機構〉第十三支部特務課——アラン・ウェイクや

太歳

道教の祟り神“太歳”を鋳型とする創神。祟り神の権能を再現した創神形質〈邪視〉は太歳の眼を見た者の力を奪い、時には一瞬で命を奪う強力な特性。また、創神それ自身を複数顕現させ、あらゆる角度から視線を向ける創神形質〈千眼迷宮〉は、相対する者を確実に無効化させる恐るべき特性である。対して、創神そのものの戦闘能力は高くはなく、近接戦闘に持ち込まれると、大きく不利となる。

疾! 疾! 疾! 急急如律令!